2009年05月17日

メタボリック症候群を予防する

この頃では、生活習慣病予防にメタボリック症候群という言葉が知られつつあります。

メタボリック症候群という単語は、最近ではごく普通に用いられるようになりました。

メタボリック症候群を予防したい時にすべきことがあります。メタボリック症候群を略してメタボと呼びますが、このメタボという単語は多くの人の口に上るようになりました。

メタボリック症候群をメタボともいい、同じ意味です。

認知度の高いメタボリック症候群ですが、一体何なのかと聞かれると正確に答えられる人は少ないかもしれません。

お腹が出ている人、ウェストが太い人はみんなメタボリック症候群だと思われているようです。

ですが、そのような見方はメタボリック症候群の一面でしかありません。

現時点での自覚症状はなくても、内臓型肥満体型にあるメタボリック症候群の方は、生活習慣病が非常に起きやすい体質にあるといえます。

腹部の内臓に多くの脂肪がついた状態にある人は、生活習慣病になりやすい体質になっていると言われています。

偏った食生活など、生活習慣を改善することがメタボリック症候群になるのを予防することに繋がるのです。

お腹の出っ張りが気になり始めたら、生活習慣病を発症する前に、メタボリック症候群にならないよう予防、改善するよう心がけましょう。
posted by metaborio at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。